現場を離れなくて済む|煩わしい段差がなくなる!車椅子昇降機が行動範囲を広げてくれる

煩わしい段差がなくなる!車椅子昇降機が行動範囲を広げてくれる

男性と女性

現場を離れなくて済む

パソコンを触る人

負担軽減のために導入

超高齢化社会に突入した日本では、介護施設の需要が高まっています。病気や事故によって後遺症を残してしまった高齢者が快適な毎日をおくれるようにするには必要な施設となっているのは確かです。ですが、その分介護従事者の負担が大きくなってしまいがちになります。入居者が増えるたびに、市役所などの機関に必要な介護関連申請書を提出しなければならないのです。手続自体は問題ありませんが、一時期現場を離れているのでその他の職員に負担をかけてしまうという結果につながってしまいます。担当の介護者の容態が急変してしまったら代理で入った人には相当な負担がかかってしまいます。そのような事態を未然に回避するためにも、国保中央会介護伝送ソフトの導入を急いだ方が賢明です。国保中央会介護伝送ソフトは、介護業界では必要不可欠な機能がたくさん備わっているので、業務の効率化をはかれます。

簡単に提出が可能

国保中央会介護伝送ソフトは、何と言っても提出する介護申請関連資料が簡単に作れるのです。紙媒体の書類にいちいち記入しなくても、パソコンを開けば必要事項を入力するだけなので、すぐに提出ができるようになります。しかも、提出事態もネット上で気軽にできます。どういうことなのかというと、国保中央会介護伝送ソフト所在がある地域の役所とネット上でつながっているからです。完成した時点で、メールに添付して送信すれば提出扱いになります。そうなると、現場を離れなくてもよくなり、担当の介護者からも目を離さなくて済みます。