煩わしい段差がなくなる!車椅子昇降機が行動範囲を広げてくれる

男性と女性

業務効率化を目指す

PCを触る人

介護システム導入を検討

介護施設に入居している人のデータは日々の業務において重要な役割を担っています。どういうことなのかというと、健康状態を細かく精査することによって、食事の硬さに、ボディメンテナンスでは何が必要なのかがわかるからです。日報で全員に周知すれば、誰かが欠けていても迅速に対応することが可能になり、最悪の事態を未然に回避することが可能になります。しかし、要介護者のデータを収集するといっても人数によっては莫大なデータを入力しなければなりません。普段使っているパソコンツールを持ってしても容量が増えていくに連れてパソコンが重くなってしまう可能性が充分に高まります。そうなると業務に差し支えてしまうので、なんとか解消したいものです。そんな時に、介護システムを導入するのはいかがでしょうか。入居者の健康状態や入居費用などの面をクラウド上で管理することが可能となるので、毎日の業務が円滑に進みやすくなります。

介護者に寄り添う時間が増える

介護システムは、既存のソフトと連結させて動くことが可能です。今までためてきた入居者データが一挙にクラウド上に移せるので、パソコンの重さが解消されます。また、介護業務に関するデータ入力や業務計画と実績に関することも省略できるので、無駄にデータ入力の作業をする必要がなくなります。事務作業が減ることによって、より長く入居者の体調や表情を観察することが可能です。あるいはレクリエーションの時間も増やせることにもつながります。介護システム導入によって、介護者の健康状態を把握しやすくしましょう。