煩わしい段差がなくなる!車椅子昇降機が行動範囲を広げてくれる

男女

入居を前向きに検討

老人と介護士

堺などにある老人ホームへの入居を考えるようになったら、専用のアドバイザーに相談しましょう。希望に沿ったところをピックアップしてくれるだけでなく、見学に同行してわかりやすく説明してくれるので、入居に前向きになれます。

詳細へ

現場を離れなくて済む

パソコンを触る人

介護施設の需要が高まっていて、大量の入居者が増えているのが原状です。そのため、介護従事者も激務となってしまいがちですが、国保中央会介護伝送ソフトを使えば必要な手続きや業務管理に手間が省けるようになります。

詳細へ

スイッチ一つで可動

夫婦

セントワークス

介護保険請求ソフトがあるだけで、現場の作業量がみるみる減ります。気になる機能をCHECKして、さっそく導入してみませんか?

自宅でも設置可能

地域の公民館などの施設には、階段の横に付いている車椅子専用の昇降機が設置されています。階段の昇り降りが不可能な車椅子生活者にとっては、気軽に上の階を行き来できる画期的な機器であるのは間違いありません。そのような機能を有したものを自宅でも活用できたらなと思ったことはありませんか。昇降機に関しては、公民館や大型の商業施設でよく見かける分、公共機関だけで使用されるイメージを抱いてしまいます。しかし、案外そうとは言い切れません。自宅でも気軽に設置して生活をおくることが可能なのです。車椅子用の昇降機を扱う業者なら、多彩な形状の機器を扱っているので、好きなものを選んで快適な生活を取り戻していきましょう。

行動範囲が広がるツール

先ほどの紹介のあったように、昇降機は階段に設置されていると思ってしまいます。実は、その他でも設置できるタイプのものがあるのです。どのようなものがあるのかというと、家の縁側などに設置するタイプのもので、大きめの段差があるところでも気軽に行き来できるようになります。そうなると、介護施設へ行き来する際に、職員が数人がかりで持って段差から下ろすという手間が省けるようになります。ほぼ、誰の力を借りなくても段差の昇り降りが可能になるのは嬉しいものです。しかもスイッチ一つで稼働させられる装置となっているので、特別な操作方法がないのですぐに覚えられます。一人でも安心して段差の昇り降りをして車椅子生活での行動範囲を広げていきましょう。

業務効率化を目指す

PCを触る人

日々増えていく介護者の情報がパソコン内に溜まりすぎて、重くなっていませんか。そのような事態に陥っていたら、介護システムを導入して、業務の効率化を図りましょう。事務作業時間が短縮できる分、介護者に寄り添う時間が増えます。

詳細へ